気になるインプラントでの歯の治療費用

インプラント治療は魅力的だけれど、もしくはここで魅力的と分かったけれど、やはり高額になるといわれる治療費用のほうが気になるという方は少なくないでしょう。
そこで、インプラントを利用するにはいったいどのくらいかかるのか、その必要費用についてみていきましょう。

インプラント治療にかかるとされる費用は、利用する歯科医院によってかなり幅があります。
これは基本的に健康保険が適用されない自由診療であることも大きく影響しているでしょう。
また、使用する器具や技術などによっても、その費用は大きく異なってきます。
もちろんリーズナブルに利用できることに越したことはないのですが、あまりに格安な価格に飛びついてしまって、安全性や衛生状態が不十分、粗悪な器具を使用されたといったことが起きてしまっては、のちのちに後悔を残すばかりとなってしまいます。
そこで、そうした失敗に陥らないよう、事前におよその相場をつかんでおくこと、また価格だけで判断してしまわないようにもぜひ気をつけておいてください。

およその相場では、1本あたり35万円から45万円くらいといった提示になっているように見受けられます。
この価格は、治療にかかる必要費用の総計で、各工程ごとにかかる費用があり、それらから構成されています。
まず、人工の歯根を埋め込む手術費用に10〜30万円程度、もっとも一般的な場合で25万円前後かかります。
つぎに上部にかぶせる人工の歯となる部分に5〜20万円程度、そして連結部分に1万円ほどかかります。
人工の歯となる部分の額にはかなり幅がありますが、そこに使用するタイプの素材によってその差が生じています。
見た目や機能の良さを重視していくと、やはり、ある程度高いものとなるでしょう。

こうした合計でインプラント治療の費用が算出されます。
さらに骨の状態などによっては、追加での手術が必要となり、その費用が5万円〜数百万円かかることもあります。
このように、ケースによってかなり異なってきますから、詳細よく説明を受け、費用についても納得して治療を受けるようにしましょう。

なお先に基本的に健康保険の適用はできないと述べましたが、特定療養費として必要となった、再診料、検査料、X線撮影料、投薬や注射などの処置には、一般的に健康保険が適用されます。
この点も知っておくといいですね。